アカデミー賞が発表!ボヘミアンラプソディの結果は?

MOVIE

 

先日アカデミー賞の授賞式が開催されました。

 

全世界で大ヒットし、今でも大人気上映中の「ボヘミアン・ラプソディ」が主演男優賞、編集賞、録音賞、音響編集賞で4部門受賞と今回の最多受賞となりました。2018年を代表する作品と言っても過言では無いでしょう。まだ観ていない方はお早めにどうぞ。音響関連などやはり映画館での視聴が一番おすすめです。

 

そのほかに「グリーンブック」、「ブラックパンサー」、「ローマ」が3部門で受賞しました。

作品賞を「グリーンブック」が受賞したのですがこれについて批判が集中しているようです。アメリカの人権問題に関する批判のようで作品自体はかなりの高評価で私も予告を見てから楽しみにしていたのでこのような話が出るのは少し悲しいですね。

 

 

痛烈に批判したスパイク・リー監督の「ブラック・クランズマン」も3月に公開されます。こちらも予告をみて気になっていたので楽しみです。

 

 

また、個人的に大好きなMARVEL作品も「ブラックパンサー」が音楽賞、美術賞、衣装デザイン賞の3部門、「スパイダーマン:スパイダーバース 」が長編アニメーション賞を受賞とまだまだ話題になりそうです。

「バットマン」や「ダークナイト」に出演し尋常でない役作りで知られるクリスチャン・ベールも残念ながら主演男優賞は逃しましたが、「バイス」に主演し4月公開予定となっています。

アカデミー賞の影響で動員が大きく変わると思いますが「グリーンブック」、「ブラック・クランズマン」、「スパイダーマン:スパイダーバース 」が3月に公開されますので計画的に観にいきたいですね。