[インテリア通販]天気で結晶が変わる置物ストームグラスとは

インテリア

Perrocaliente 正規品 Tempo drop テンポドロップ ストームグラス 樟脳 の 結晶 が おしゃれ な しずく型 の インテリア 天候予測器 TD-01 マイクロファイバークロスセット Perrocaliente 正規品 Tempo drop テンポドロップ ストームグラス 樟脳 の 結晶 が おしゃれ な しずく型 の インテリア 天候予測器 TD-01 マイクロファイバークロスセット

ストームグラスとは?

みなさんストームグラスをご存知でしょうか? ストームグラスとは19世紀のヨーロッパで使われていたもので ネットやテレビがない時代に天気予報をしていた道具です。 ガラスに複数の化学薬品を入れておくと、中の溶液が天気によって変わり 中の溶液や沈殿の状態によって天気を判断していたそうです。 中の溶液が天気によって変わるので毎日違った状態となり その状態が綺麗なので現代ではインテリアなどに使用することも多いようです。

どのような状態になると天気がわかる?

・一般的なストームグラスの変化例を調べてみると

天気が晴れるなら、ガラス管内の固形分は完全に底に沈み、液体は澄みきる。 雨に変わる前は、沈殿物の量が徐々に増え、星のような形のものが透明の溶液中を浮遊する。 嵐やひどい風の前には、固形分の一部が溶液の表面まで達し、大きな葉のような形になる。溶液は濁り、発酵しているように見える。この現象は天気の変わる24時間前に見られる。 冬、特に雪や霜のときには、管の高い位置まで沈殿物が積もる。内容物はとても白く、浮遊する点状のものが見られる。 夏、とても天気がよく暑くなるときは、沈殿物は管の非常に低い位置までしか積もらない。 風や嵐が接近してくるときは、接近してくる方向の反対側のガラス管の壁に沈殿ができる。

引用:「ストームグラス」,ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典 上記のように天気によって変わるので毎日違ったデザインを楽しめます 変化の模様の動画がこちら 結晶がとても綺麗に形成されてますね  

_____________________________________________________________

Perrocaliente 正規品 Tempo drop テンポドロップ ストームグラス 樟脳 の 結晶 が おしゃれ な しずく型 の インテリア 天候予測器 TD-01 マイクロファイバークロスセット   部屋に変わった置物が欲しいと思っている方はぜひチェックしてみて下さい こちらから通販可能です[100percent  Store] https://100percent.stores.jp/items/57eb7ca500d331b2db001ebe

ストームグラスは19世紀に航海士等が使用していた天候予測器です。 樟脳(クスノキのエキス)やエタノール等を ガラス管に密封して作られており、 気候の変化に反応して起きる結晶を観察する事で、 役立てられていました。 ジュール・ヴェルヌの小説『海底二万マイル』に出てくる ノーチラス号の中にも設置されています。 その後の科学の発展に伴い、実際には結晶化現象については 謎が多い事がわかり、いまだ詳細は研究途上です。 現代では予測器としての実用は難しいですが、季節によって景色が変わるように、 日々変化する結晶の様子を『Tempo』でお楽しみください。

情報源: TEMPO DROP 【テンポ ドロップ】