PUBGのキルシーンを自動で録画しよう!NVIDIAの「ShadowPlay Highlights」導入方法

ゲーム

 

 

 

今回はPUBGのプレイ動画を録画する方法を紹介します。

 

 

やっぱりプレイしているとスナイパーライフルでの遠距離キルシーンや多人数相手のキルシーン、

おもしろいシーンに遭遇など録画しておけばよかったと思うことがありますよね?

そんなときに使える録画方法がNVIDIAのShadowPlay Highlights

これを利用することでPUBGの各キルシーンやデスシーンを録画することができ、

簡単にYoutubeFacebookにアップロードも可能になります。

 

 

導入方法とその使い方を説明します。

 

※前提としてGeForce GTXのグラフィックボードを使用していることが条件ですのでご注意ください。

 

 

またGeForce GTXを使っているのならインストールされていると思いますので

1は飛ばして構いませんがアップデートの確認を行いましょう。

 

 

ShadowPlay Highlightsの導入方法

 

1.GeForce Experienceのインストール

 

以下のURLよりGeForce Experienceをダウンロードしインストールしましょう。

→https://www.nvidia.com/ja-jp/geforce/geforce-experience/

 

このソフトではさまざまな機能の使用やドライバーの更新もできますので見てみてください。

 

 

2.GeForce Experienceの設定

設定画面からゲーム内のオーバーレイをオンにしましょう。

もしくはオンになっていればOK。

 

3.PUBGでの設定

まずはゲームを起動しましょう。

 

起動したら右下の歯車のアイコンから設定画面を起動しビデオキャプチャーの項目を

NVIDIA ShadowPlay Highlights」に選択。

 

 

これでShadowPlay Highlightsの導入は完了です。

 

あとはプレイしドン勝するか倒されると自動的にキルシーンとデスシーンを録画してくれます。

各シーンだけでなく手動にて丸ごと録画することもできます。

 

またGeForce ExperienceのShadowPlayは低負荷で高画質なプレイ動画をキャプチャーできますので、

スペックが低い方でも使えるかと思いますので試してみてください。