2018年新型iPadが「買い」な理由

パソコン

 

image:Apple

 

2018年3月27日に発表され早くも販売が開始されている新型のiPad(第6世代)。iPadの教育現場での利用にフォーカスをあてた発表がなされ、AppleのiPad商品紹介ページも学生のレポートを意識したデザインになっている。

 

そんな新型iPadがいかに「買い」なのか今回は紹介させていただく。

 

 


前のモデルからの変更点

 

・Apple Pencilに対応

まず一番の変更点はApple Pencilへの対応が可能になった事だろう。元々はiPad Proシリーズのみの対応だったアクセサリーがiPadの最安値のモデルに対応したことにより大きな注目を集めまた。日常のちょっとしたメモや、簡単なお絵かきなどに活用できる。

 

・CPUのパワーアップ、RAMは2GBで変更なし

新型iPadに搭載されるCPUは「A10 Fusion」と呼ばれるチップで、これはiPhone7に搭載されているものと同じ。RAMもこれまたiPhone7に同じ2GBということもあり、最安値のiPadということから考えれば十分な性能を誇る。ただしiPad ProのRAMが4GBという事を考えると、プロフェッショナルな方々のお絵描きには若干スペックが足りないかもしれない。

 

・本体色ゴールドの若干の色味の変更

今までのゴールドと違いiPhone8のゴールドに近い銅色のような色味に変更。

 

 


変わらないところ

 

今回の新型iPadお値段、容量のラインナップ、本体の寸法は以前のモデルから変更はなさそう。なのであまりないかもしれないが、第5世代からのお買い替えの際はケースを新調しなくても済むと思われる。

 

お値段

 Wi-FiWi-Fi + Cellular
32GB¥37,800(税別)¥52,800(税別)
128GB¥48,800(税別)¥63,800(税別)

 

総評

コストパフォーマンスに優れ初めてタブレット端末を購入する方から、既存のiPadユーザー買い換えるのに十分の性能を備え、かつこの価格で手に入れられるなら最良の選択であると私は思う。

 

iPadのフル充電2回分の大容量モバイルバッテリー