[新型iPad Pro]実はあった意外な欠点とは?

アクセサリー
Apple 11インチ iPad Pro Wi-Fiモデル 64GB スペースグレイ MTXN2J/A

image:Amazon

 

2018年11月に新型iPad Pro 11インチ/12.9インチが発売されました。薄型、ホームボタンの廃止、ベゼルレス、Face IDなど様々な変化があり話題を呼びました。しかし、私たちには恐らく不便になるのではないかと思われる欠点が見つかりましたのでご購入検討中という方は読んでいただきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


1.イヤホンジャックの廃止

 

iPhone7からiPhoneのイヤホンジャックが廃止されたのは皆さんご存知かと思いますが、それ以降発売のiPadはこれまでまだイヤホンジャックが搭載されていました。しかし、iPad Pro 2018からついにイヤホンジャックが廃止。さらに今回からLightning端子も廃止され、USB-C端子が採用されました。

そのため、これまでiPhoneに必ず付属していたLightning端子からイヤホンジャックへの変換アダプタは使用不可に…

Apple Lightning - 3.5mm イヤホン・ヘッドフォンジャックアダプタ/ MMX62J/A

発売当時、それを解決するにはAirPodsなどのワイヤレスイヤホンを使用するしか方法は無いのかと思っていました。しかし、近頃少し遅れてUSB-Cからイヤホンジャックへの変換アダプタの純正品が発売されたようです。

Apple USB-C 3.5mm ヘッドフォンジャックアダプタ MU7E2FE/A

 

ギャラリー - 4

image:Apple

これを使えば通常通りかもしれませんが、やはりアクセサリーを一つ余分に持ち運ばなければいけないと考えると面倒に思えますよね。

 

 

スポンサーリンク

 

 


2.販売価格の高騰

iPadの使い方

皆さんはiPadをどのように使うでしょうか。多くの方はインターネットを閲覧したり、YouTubeで動画を観たり、アプリで遊んだりという使い方がほとんどでは無いでしょうか。

iPad Proのコンセプト

今回のiPad Proのコンセプトの一つが「どんなノートパソコンよりもパワフル」です。コンセプト通り今回のiPad Proの性能は普通のノートパソコンとなんら遜色ありません。いや、むしろ多くのパソコンよりも高性能と言えるでしょう。

考えてみるとそのような使い方の方々にそんなに高いスペックは必要でしょうか。

つまりiPad Proは仕事やデザインなどでハイスペックが要求される作業を行う方々が主に対象とされています。

販売価格の高さ

そのため、高性能がゆえに価格帯もMacBookと変わらないほどの金額となっています。容量にもよりますが、一番高いモデルはMacBook Pro Touch Bar搭載モデルに近い金額となっています。

そう考えるとiPad 9.7インチ(2018年春モデル)で十分なのでは?と思ってしまうのが正直なところですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 


まとめ

欠点を2つほど述べましたが、そんな否定派のように語っていた私も正直なところそれでもやはり新型iPad Proのそのスピードとデザインには魅力を感じてしまいます。そう思う方はそれでも購入検討するのはアリかなと思います。

簡単に私が使ってみた感想を述べると、やはりとても動きが滑らかでディスプレイが美しいです。新しいApple Pencilも使ってみましたがすぐにペアリングができ、ペンと消しゴムの切り替えがダブルタップするだけなので本当に楽で素早いです。

近頃、AmazonでもApple製品が取り扱われるようになりましたので是非一度ご覧ください。