いちごスプーンは消えてしまった?現在の意外な使い道とは?

キッチン用品

貝印(Kai Corporation) イチゴ スプーン 3本組 ニューウィナー FA-5090

 

いちごスプーンは消えてしまった?

みなさんはいちごスプーンをご存知ですか?スプーンのすくう部分がイチゴの種のようにぶつぶつに加工されているスプーンで昔はどの家庭にもあったスプーンです。

この間、最近そのいちごスプーンがなくなっているという事を聞いたので気になったので調査しました。

スポンサーリンク

そもそもいちごスプーンとは?

その名の通りいちごスプーンとは元々イチゴを食べるためのスプーンです。

昔のいちごは現在のように甘くなく酸味が強かったので、いちごに砂糖と牛乳をかけて食べるのが主流でした。その際普通のスプーンでいちごを潰そうとすると滑って潰せないのでブツブツに加工し、その部分がいちごに似ていた事もあり、いちごスプーンと呼ばれるようになりました。イチゴに砂糖と牛乳をかけると美味しいですよね。

なくなってしまった理由

現在のいちごは品種改良の結果、とても甘くそのまま食べれるので段々砂糖と牛乳をかけて食べる文化がなくなり、それに伴いイチゴスプーンの生産も減少していってしまったそうです。

そんな理由があったなんて知りませんでした。

普段から常にある物だと思っていると大切なことに気づかないですね。

スポンサーリンク

もう買えないのか?

生産はかなり少なくなってしまっておりますが、

まだ買えます!

現在いちごスプーンは介護の現場で使われているらしく、Amazonなどでも販売しております。

なんか感動しました。

今度イチゴといちごスプーンをお土産におじいちゃんおばあちゃんにブレゼントしようと思います。

ナガオ ステンレス ハイライン イチゴスプーン 5本+1本

 

 

スポンサーリンク