【あなたのモバイルバッテリーは大丈夫?】モバイルバッテリーの法改正

スマホ
スポンサーリンク

 

2019年2月1日より経済産業省のお達しにより、一部のモバイルバッテリーが市場から姿を消しました。その背景には

通達改正の概要と背景

従来、リチウムイオン蓄電池が組み込まれたポータブルリチウムイオン蓄電池については、規制対象外として運用していましたが、近年、事故が増加傾向にあることを踏まえ、これに対応するため電気用品安全法に基づき政令で指定されている電気用品(リチウムイオン蓄電池)に含まれることを明確化し、規制対象とすることとしました。

引用:経済産業省

こういった理由があるみたいです。確かに『モバイルバッテリーから発火した』とのニュースがTVで報道されるのをみた記憶があります。

では安全なモバイルバッテリーはどうやって見分けたらいいのか?経済産業省のページにはこうも書かれていました。

今回の規制対象化にあたり、ポータブルリチウムイオン蓄電池の製造・輸入事業者には、技術基準に適合していることの確認や、検査記録の保存などが新たに義務付けられることや、販売事業者にはPSEマークが付されたものの販売が義務付けられる

引用:経済産業省

まず、今からお店で買うモバイルバッテリーは安心して買って大丈夫だと思います。お店側も陳列している棚からは流石に撤去していると思いますし。それでも念の為PSEマークの有無をチェックしておきましょう。

要はこのマークのいづれかが付いてるアイテムなら『法律を守って作りました』又は『法律を守っているのを輸入してます』って事だそうです。

現在使っているモバイルバッテリーが法改正以前に購入されている場合は要チェックです!PSEマークが無ければ思い切って買い換えちゃいましょう。事故があってからでは遅いんです!

 

スポンサーリンク